ホットヨガとはどんなもの

ホットヨガとはどんなもの

ホットヨガとは、普通のヨガとどんなところが違うのかと疑問を持っている方もいらっしゃるかもしれません。ホットヨガは、筋肉が柔らかくなれる状態の概ね38〜39℃の室温、また湿度を60〜65%にした状態で行うヨガのことを言います。 

 

では、なぜ、一見高そうだと敬遠したくなりそうな温度にするかと言えば、人の筋肉が一番柔らかい状態に適しているからです。そうすることで、ヨガを初めてした時の体の痛みを出来る限り防ぐことになります。いきなり体を動かした時の筋肉の痛みと言うのは、実は、筋繊維が切れた状態になっているのです。

 

次に、湿度の設定ですが60〜65%くらいにが、人には心地よい環境だからです。湿度が低過ぎると、汗をかくことで蒸発をするので過度の乾燥になるし、反対に湿度が高くなり過ぎると汗をかいても不快感が上昇するからです。積極的にスポーツでもしない限りは、汗をふんだんにかくと言うことが、エアコンはじめ住環境の整備で、昔ほど少なくなって来ました。

 

汗をかくと言う行為をホットヨガをすれば、このような環境下でたっぷりの汗をかくことが出来ます。そうすることで、身体に蓄積された老廃物を出し切るさせることで、身体の中からきれいにしていく働きを持っています。